WORKING PROCESS


こちらは金属作品の制作工程解説ページです。

SORAMUSHI II
2017

1000mm(H) by 450mm(W) by 450mm(D)
Bronze, Brass, Silver, Leather


青銅鋳造 / Bronze Casting

蝋型石膏鋳型鋳造の制作工程をご覧下さい。

中子制作

工程1 ブリキ板を使用して、糸鋸で挽き板を制作します。
工程2 回転させながら石膏を挽き、中子を成形します。
工程3 挽き上がった中子の表面に墨汁を塗り乾燥させます。

蝋原形制作

工程1 蜜蝋とパラフィンを湯煎し、溶解して混合します。
工程2 中子を回転させながら、蝋をハケ等で中子の表面に塗布します。
工程3 蝋を塗り重ね、挽き板で余分な蝋を削り、形を成形します。

石膏鋳型制作

工程1 蝋原形に鋳込みの際のガスの抜ける角度を考慮しながら、湯道等を取り付けます。
工程2 木板を円形に切り、周りに薄いプラスチック板を巻いて鋳型の外枠とし、針金、金網を筋金としてプラスチック枠内部に設置します。
工程3 蝋原形を枠内部に設置します。
工程4 ゲル状に解いた石膏を静かに流し込みます。
工程5 鋳型上部に湯口を成形します。
工程6 石膏が凝固した後、外枠を外し鋳型を乾燥させます。

作品鋳造

工程1 鋳型を設置し、周りに耐火煉瓦を組み上げ焼窯を制作します。
工程2 薪を燃料に弱火で約6時間掛けて脱蝋します。
工程3 脱蝋後、更に約6時間強火で鋳型を焼成します。

写真をクリックしてビデオリンクをご覧下さい。

工程4 焼成後、約6時間掛けて約200度程まで鋳型を冷まします。
工程5 耐火煉瓦を組み上げた炉で青銅を熔解します。

写真をクリックしてビデオリンクをご覧下さい。

工程6 鋳型を土間に設置します。
工程7 鋳型に青銅を鋳込みます。
工程8 鋳込み後、充分に冷まします。
工程9 鋳型をバラし、作品を割り出します。

仕上げ

工程1 金鋸を使用して湯道等を切断します。
工程2 鏨を使用してバリ等を切り取り、作品の形を整えます。
工程3 ヤスリを使用して作品表面を削り、形を整えます。
工程4 砥石、耐水ペーパー等で作品表面を研磨します。

糠焼き(みそやき)

工程1 糠と硫黄粉を適度に配分し、水を加えて粘土状に捏ねます。
工程2 作品の表面に5ミリ程の厚みで被せ、全体を均等に覆います。
工程3 作品を設置し、耐火煉瓦で囲います。
工程4 作品の周りを木炭で覆います。
工程5 木炭に着火します。
工程6 作品を焼成します。
工程7 作品の色が小豆色になった所で作品を囲った耐火煉瓦を崩します。
工程8 耐水ペーパー等で酸化膜を取り去り、表面に表れた景色を研ぎ出します。

着色

工程1 硫酸銅、塩、酢を混合し、酢タンパン液を作ります。
工程2 作品表面に酢タンパン液を塗布し、着色します。
工程3 作品を設置し、ビニール袋で覆い、室を作ります。
工程4 室の内部に小皿を設置し、アンモニア水を注ぎ室を密閉します。
工程5 数時間反応させながら着色します。

パーツ制作

工程1 真鍮棒を削りパーツを成形します。
工程2 革を切り出し、着色します。
工程3 お湯に浸し、金属パーツに巻き付けるように成形し乾燥させます。

完成作品

コンセプト

  • 植物や昆虫をイメージし、宇宙の無限のエネルギーと生命力を表現した作品です。
  • 青銅、真鍮、銀、革を素材とし、鋳金、鍛金、彫金の技術を併せて制作した金属作品です。

powered by crayon(クレヨン)